2007年02月22日

【オメガ3系】についての考察

オメガ3系のオイルがカラダにいいと知ったのは、もう7年くらい前のことです。当時は、健康にいいといわれる加工した油が出回り始めた頃で、油がカラダに悪いとか、オメガ3系の油がいいとか、そういうことがまだあまり知られていませんでした。

日本人は太古の昔から、オメガ3系の油とオメガ6系の油を1:1くらいの割合で摂取して、生きてきました。それが今は、1:∞って言う感じで、オメガ6系の割合は非常に多くなっていて、1:20とも1:30とも言われています。

その理由はオメガ6系の油が巷に溢れていることと、肉食にあります。

リノール酸(オメガ6系)はヒマワリ油、サフラワー油、コーン油など、スーパーに並んでいる油に大量に入っています。あえて、摂取しないほうがいいのです。

そして、アラキドン酸(オメガ6系)は肉、動物性脂肪に存在します。



オメガ3系の脂肪酸って言うのはわたしが知ってる限り、

・アルファ-リノレン酸(緑黄色野菜、亜麻仁油、キャノーラ油)

・エイコサペンタエン酸(EPA)(魚油)

・ドコサヘキサエン酸(DHA)(魚油)

これくらいです。



亜麻仁油(フラックスオイル)等に含まれるアルファーリノレン酸は体内で代謝されると、EPAに変わるのです。(でも代謝の割合は非常に低く、数パーセントと言われています。この代謝を阻害するのがオメガ6系です。)

とにかく、オメガ6系の油は、日常生活で意識しなくても、食べてしまうので、ここほひとつ、意識して、食べないようにしたいものです。



オメガ3系の油(正確には脂肪酸というらしいですけど)は、関節、軟骨、美肌、血液サラサラ、心臓機能、中性脂肪値、血管保護、頭が良くなる、うつ、アレルギー、炎症を抑えるといわれています。

特に、アレルギー、炎症のことを考えると、細胞の正常な再生を促すのだと理解できます。当然、美肌にもいいわけです。

これはわたしの勝手な持論ですが、美肌にいいものは、内臓にもいいんじゃないかと思うんです。肌が荒れているときは内臓とかの壁面や粘膜とかも荒れているんじゃないでしょうか?

オメガ3系やオメガ6系の油は、人間の体内では生産できないので、必ず食べ物から摂取しなくてはいけないんです。こういう油を必須脂肪酸といいます。

このオメガ3系と6系は人の体内で正反対の働きをします。

オメガ6系の脂肪酸は血液を固め、オメガ3系の脂肪酸は血液を柔らかくし、細胞組織を正常に保つと言われています。

厚生労働省では4(リノール酸)対1(α-リノレン酸)の割合で摂ることを推奨していますが、先にも書いたとおり、オメガ6系は摂取しやすく、オメガ3系は摂取しにくいのです。あえて、オメガ3系のオイルを摂取して、意識して、オメガ6系を摂取しないようにしなければ、4:1は実現できないのではないでしょうか。。。

特に、オメガ3系はのアルツハイマー治療に可能性があるといわれているんです。

The Journal of Neuroscience「脳神経科学ジャーナル」2005年7月号に「オメガ3はアルツハイマーに関係するタンパク質の蓄積を防ぐ働きがある」という研究報告が発表されました。この研究では特にDHAに焦点を当てました。

・魚を食べると、病気リスクが減るとか、頭がよくなるとか言われています。

カンタンにオメガ3系の脂肪酸を摂取出来るのは魚です。

おいしいし、お寿司やお刺身が大好きなので、超ラッキーという感じですが、実際は、魚の汚染が気になるので、なかなか、毎日魚料理を出す気にはなれません。

魚の汚染は深刻なのです。

米国の食品医薬品局(FDA)と環境保護庁(EPA)は共同勧告書を発表しています。

水銀です。

水銀の恐ろしさは、日本人が一番よくわかっていますよね。なのに、日本の政府はなんと無頓着なことか。。。妊婦や妊娠可能性のある女性、授乳中のお母さん、子どもの水銀摂取を防ぐことを目的に共同勧告が発表されました。

サメ、メカジキ、大型のサバ(キング・マッカエル)、タイルフィッシュ(アマダイの一種)は食べないことなど、数項目。

一般的に食用となっている魚貝類で水銀含有量が少ないもとのして、エビ、缶入りライトツナ(あくまでもライトです!!)、サケ、スケソウダラ、アメリカナマズを挙げています。

アルバコア・ツナ(まぐろの一種)は缶入りライトツナよりも水銀含有量が多いため、1週間に6オンスまでの摂取に留めた方がいいとしています。

そして、あまり言われませんが、PCBの汚染も深刻なのです。

有機水銀、PCB、川に流れ込んだ農薬、ダイオキシンなどで魚は汚染されています。

最近、スーパーで見かける養殖の魚も多くなりましたね。実は養殖の魚には大量の薬(抗菌のための薬)が使われていて、さらに、船底、魚網等に使われる有機スズも残留しています。

養殖の魚は奇形が多く、一時、問題になっていましたが、最近はあまり、いわれません。日本の養殖も怖いですが、輸入の養殖は、更に怖いです。

切り身になってしまえば、奇形とかわかりませんよね。

魚の選び方としては、回遊魚のサメ、メカジキ、大型のサバ(キング・マッカエル)、タイルフィッシュ(アマダイの一種)は食べないこと、

くらいしか、出来ませんね。

農薬・添加物は「ここで毒消し!」 という本があります。10年くらい前に買った本ですが、楽天で検索したら、今でも売っていました。

この本には、消費者のささやかな抵抗として、調理の段階で、少しでも汚染物質を除去するやり方が書かれています。

お魚が汚染されているとはいっても、それを上回る効能があると思うので、こうして、材料を選び、調理の方法を工夫することで、せめてもの、抵抗をしています。

そして、オーガニック、フラックスオイルでオメガ3系のオイルを意識して摂取しています。加熱できませんので、食卓で、食べる直前に、サラダや煮物やお味噌汁にたらしています。



しばらく、お休みするつもりでしたが、書きたいことは、書き留めておかないと忘れちゃうんです。まだ、頻繁に更新することはできそうにありませんが、ときどきこうして、更新したいと思います。

改めてランキングに参加致しました。⇒ 主婦ランキング ブログランキング←応援クリックよろしくお願いします。

【管理人筆】

農薬・添加物は「ここで毒消し!」 が、まだ、売ってあることに驚きました!今でも通用するって言うことですね。それにしても楽天ってなんでもあるなあ。



----------

個人の小さなブログですが、大切な時間を割いて来訪していただいてうれしいです。ブログを書いていなければ出会えなかったステキな方々と交流できることに感謝しています。暖かいコメントをいつもありがとうございます。

頂いたコメントはわたしの宝物です。

今を大切に、みなさんにいろんなことを教えていただきながら、食や健康の真実を、時には、マスコミに出ない時事の真実を共有できればいいなと思っています。

---------- ----------



コメント一覧

1. Posted by しぇる   2007年02月23日 10:29
ぷちさん こんにちは☆

ドコサヘキサエン酸
昔 家庭科の先生から摂るように言われたわ〜
イワシとかから摂取するんだよね。

オメガとか そういうのは全く知りませんでした。

オーガニックのフラックスオイルは手軽に摂れて
とっても良さそう!
とってもいい情報を毎度ながら感謝してます。

ちなみに・・・・
ぷちさんと変わらない更新率なワタシ。
元気でお過ごし下さい♪
2. Posted by 寿   2007年02月23日 16:46
ぷちさまへ

こんばんわっ★

フラックスオイルと・・・
最近、魚オイル・・オメガ3を強調したカプセルオイルの
試供品が手に入って・・
飲もうか飲まないべきか悩んで居たのでたいむりぃ〜です♪

ぷちさまの文を読んでいて、
飲もうぉ〜って思いました♪とらーーい!
こうやってそのどんな作用?!と知ると
とっても体が喜びそうです。
でも、本当は魚から摂取するのが一番だと思うデすけどね。汚染・・深刻ですよね。。。
アメリカでも、妊婦さんはツナとかマグロ系!
は水銀汚染されてるからくうなーー!と厳命されています。
3. Posted by アンチエイジングですけど、何か?   2007年02月23日 20:56
★レス  しぇるちゃん

こんばんは!

わたしの家庭科の先生はドコサヘキサエン酸の話を知っていたのかしら。。。聞いたことないぞ!

うーん、大昔だから、最近の家庭科の内容とは違っていたのかもしれません。(笑)

いろんなことが解明されると、なんだか楽しいですよね。それが、結局、「日本食はいい」っていうところに落ち着くのもすごいなあって、思うんです。

フラックスオイルは、お魚食べなくても、オメガ3系脂肪酸が取れるので、助かります!お勧めです。
4. Posted by アンチエイジングですけど、何か?   2007年02月23日 21:12
★レス  寿さん

こんばんは!

オメガ3系はお勧めです。本当は、毎日、お魚から取りたいんですけど、やっぱり、汚染が気になるので、お魚料理は週1,2回です。

足りない分をフラックスオイルで補っています。

アメリカは妊婦さんにキチンと警告してるんですね。日本は、ちょこっと、報道されましたが、それきり。。。

あんまり、浸透してないと思うんです。なんだかなあ。。。

そういうとこは、アメリカは、はっきりしていて、うらやましいです。こういう情報もアメリカ発って言うのが多いんですよね。

寿さんのアメリカ情報、いつも期待しています!!
5. Posted by 今生   2007年02月24日 19:15
ぷちさん お帰りなさい 
再びランキング列車にご乗車ですね。また楽しくなりました
お肌は内臓の鏡 という言葉があるように肌に良いものは
内臓に良いことは間違っていないと思います。
ですから美肌も食べられる物を肌に使用する。例えば
粘土は薬の錠剤にも使用され、食べられる洗顔料です
内臓の表面は内皮膚ですから外皮膚に良いものは良い
そう考えて間違いないと思っています。
6. Posted by アンチエイジングですけど、何か?   2007年02月25日 11:17
★レス 今生さん

ありがとうございます。ランキングは「主婦」で登録してみました。(^^)

>お肌は内臓の鏡 という言葉があるように肌に良いものは内臓に良いことは間違っていないと思います。

今生さんにお墨付きを頂いて、うれしくなりました。やっぱり、お肌が調子がいいと、内臓もいいんですよね。

逆もまた真で、コスメは食べられるもので作るべきってことですね。

最近はクレイにいろんなものを混ぜて楽しんでいます。はちみつとか、オイルとか、粉茶とか。なかなかうまく混ざらないんですけど(笑)。ほんと、食べ物みたいですね。
カテゴリー別
メールを送る
メールを送る
当ブログは商用サイトではありません。病院・企業・商品の宣伝はお金を頂いても書きません。商品リンクを貼っていますが実際に自分が購入しているものをご紹介しているだけです。
信頼できるアンケートサイト
【imiネット】
政党支持率や市場調査に参加の他、サプリをお試しなど。新製品やトレンドの動向を感じることが出来ますし、ポイントで現金の振る込みもあります。niftyをはじめ、一流企業が出資の安心サイトです。
ずっと使っているもの
楽天プラチナ会員のわたしの買物履歴
楽天で探す
楽天市場

楽天


【オメガ3系のオイル】

ずっと、シソ油を食してきましたが、オーガニックであることと、ビンが遮光であることを考えて、コチラに変えました。酸化しやすいので、開詮後1ヶ月以内に使い切ります。シソ油は透明ですがコチラはほんのり黄色です。加熱できないので食卓でサラダやスープにかけて食します。化学溶剤を使わずに40℃以下の低温圧搾法一番搾り。無添加無精製。

【アロマ】

ランプベルジェアロマオイル
わたしはこどもの頃から扁桃腺炎に悩まされてきました。このアロマを使い始めてから、ぱったりなくなったのです。わたしにとっては奇跡でした。100年以上の歴史があるフランスのランプベルジェ。日本での販売方法がネットワークビジネスになったため、誤解が生じることが多いですが、歴史のあるものは信用できます。わたしは、日本に代理店が出来る前からのヘビーユーザーです。※専用のランプとオイルをセットで使うことをお勧めします。ネット上にニセモノが多く出回っているのが気になります。わたしの使い方はコチラ

【ヒマラヤ岩塩】
【061109宣言5】通販マニアも認めたお肌スベスベ自宅で天然温泉【ヒマラヤ岩塩お風呂用】
3億8千年前の天然岩塩で、驚異の還元力があります。鉄も錆びないのです。人間が入浴に使うとカラダを還元してサビを落とします。強力な抗酸化力です。まるで泉質のいい温泉に入っているような効果もあり湯冷めしません。イオウの臭いが気になる方もいらっしゃいますが、慣れると心地いいです。※ネット上で価格が高騰していますが、1kg1,500円くらいが妥当な価格だと思います。気をつけて下さい。
本物の天然シャンプー
【シャンプーについて】頭皮のバリア機能を破壊して、ケミカルでキケンな成分を皮膚から吸収させてしまう合成界面活性剤シャンプーをやめました。石鹸シャンプーに挑戦し、やっと、定着しました。何度も挫折して、何年もかかりました。わたしの使い方はコチラ

【1度目洗い】
軽く、整髪剤などを落とします。ここで、1度、洗っておかないと、オーブリーのシャンプーで泡が立ちません。ここでの洗いあがりはキシキシしてます。
太陽油脂 パックスナチュロン ボディソープ 880ml (1303-0105)
【パックスナチュロンボディーソープ】●合成添加物を使用せず、ひまわり油を原料にした純植物性石鹸です。●ビワの葉エキス・天然ビタミンE・ハーブエキスを含んだ、全身洗浄料ですので、肌の弱い方でも安心です。●泡状ポンプ式は泡状になってでてくるので大変便利です。タフです。あわあわで洗えます。髪もボディーも洗えます。

【2度目洗い】
わたしは、ここで、手のひらで、オーブリーのシャンプーとはちみつを混ぜて使っています。わたしが使った石鹸シャンプーの中では、一番潤います。
【061109宣言5】AUBREY<オーブリー>ローザモスクエータハーブシャンプー
【オーブリーのローザモスクエータハーブシャンプー】ココナッツオイルを使用した石けんシャンプーが乾燥してパサつく髪をやさしく洗います。ローズヒップオイルの配合により、髪と頭皮にうるおいを与えて、パサつきをおさえます。

【トリートメント】
商品説明には、スペシャルケアと書いてありましたが、わたしは、これを毎日使っています。かなり潤います。
【061109宣言5】<AUBREY>オーブリー ホホバ&アロエヘアコンディショナー
【オーブリー ホホバ&アロエヘアコンディショナー】シンプルで贅沢な処方のスペシャルトリートメント「ホホバ&アロエヘアコンディショナ−」アロエとホホバをたっぷり使って作られた贅沢処方「ホホバ&アロエヘアコンディショナー」。

定番コスメ
【クレンジング】
オーブリーのクレンジングに手のひらの上ではちみつを混ぜて使っています。マイルドになるし、抗菌作用や多数の栄養分が期待できるからです。
【061109宣言5】AUBREY<オーブリー>シーウエア フェイシャルクレンジングクリーム(洗顔料)
【オーブリー、シーウエア フェイシャルクレンジングクリーム(洗顔料)】保湿効果が高い乳液状の洗顔料。デリケートなお肌のうるおいは残したまま、軽いメイクや汚れをしっかり落とし、やさしく効果的に洗い上げます。栄養分をたっぷり含んだ渇藻エキスと大豆プロテインでお肌をリフレッシュして整え、ローズヒップオイルで保湿します。

【化粧水】
化粧水はたっぷり使います。このパックスナチュロンの化粧水は、余計なものが一切入っていないのし、お安いので、化粧水マスクに思う存分使えます。
太陽油脂 パックスナチュロン フェイシャルローション 100ml (0212-0404)
【パックスナチュロンフェイシャルローション】●洗顔後の肌を弱酸性に保ち、ひきしめる化粧水です。●天然植物エキス・天然水により、うるおいを保ち、みずみずしい肌にします。

【乳液】
この乳液はもったりしていて、クリームみたいに重いです。肌に乗せると1分くらいは白くなりますが、その後、スーッと肌になじみます。もちろん天然成分100%。

アロエと、トウセンカがお肌を落ち着かせる軽い使い心地の乳液。スギナエキス、フキタンポポエキスが毛穴をふさぐことなく、お肌のバランスを整えます。

【日焼け止め】
太陽油脂 パックスナチュロン UVクリーム 45g (0212-0403)
【パックスナチュロンUVクリーム 】石けんで乳化したシンプルな日焼け止めクリームです。 使うには、ちょっと工夫が必要です。化粧水or乳液と日焼け止めを手のひらで暖めながら混ぜ合わせて、顔に乗せます。リキッドファンデーションの場合もこのやり方で、手のひらで混ぜ合わせてから使うと、かなりいい感じに。

パックスナチュロンとは?国内メーカーでこちらも完全に無添加。無添加を売りにしているメーカーは多いですが、本当の無添加はココですね。香料は天然のアロマで、香りのセンスもいいです。

パックスナチュロンはココがお安いです。



【美容液】
スペシャルケアです。
【061109宣言5】AUBREY<オーブリー>ベガセル ナイトハイドレーター(保湿ナイトジェル)
【AUBREY<オーブリー>ベガセル ナイトハイドレーター(保湿ナイトジェル)】多種類のハーブを保湿ジェルに凝縮。お肌本来の柔らかさとハリを取り戻し、目元の乾燥にも最適の保湿ジェルです。フリーラジカルの生成を抑えながら、お肌の失われた水分を補給します。

オーブリーとは?アメリカのオーガニックメーカー。使用感は高級海外のブランド化粧品に似ています。価格は信じられないほどお安いです。パッケージにお金をかけていないところが好き。環境にもやさしいです。

【シルクパウダー】
BSコスメ。クレンジングに混ぜたり、日焼け止めの上にルースパウダーとして使ったりしています。シルク100%なのにココで買えばお安いです。

※これらのコスメは合成の界面活性剤が含まれていません。疑問に思うようなケミカルな成分も一切入っていません。

良かった本

DVDがついているので、とってもわかりやすいです。こういうテクニックを要するものはDVD付がぜったいお勧めです!おお!こんな風にやるのか、と。田中さん、確か65歳。日々の努力ですね!


最近、牛乳業界が牛乳の宣伝に躍起になっています。新谷先生に質問状を送りつけたり、デタラメなTVCMを流したり。この本を読めば真実がわかります。文献も多いので、検証も出来ます。真実を知るための一冊です。こどもは学校や幼稚園で強制的に牛乳を飲まされています。日本の学校給食に牛乳を強要したアメリカでは、給食に牛乳は出ません。


アメリカ元副大統領アル・ゴアが訴える不都合な真実。5歳の息子の手を離した瞬間悲劇は訪れた。その人生観を持って、後悔はしたくないというアル・ゴアが地球の危機を訴えます。

国家の品格
【国家の品格】日本は世界で唯一の「情緒と形の文明」である。国際化という名のアメリカ化に踊らされてきた日本人は。。。なんてお堅い本だと思うかもしれないけど、冒頭に作者が奥さんから、あなたの話は半分は間違いと勘違い、残りの半分は誇張と大風呂敷と言われている、というところから始まるので、肩のチカラを抜いて読むことが出来る。内容は、鳥肌が立つほどのもので、大好きな美輪明宏さんがことあるごとに、戦前の日本の情緒、文化ついてお話になることと、かぶる部分があり、本当に共感できた。最後は大正末期、駐日フランス大使を務めた詩人でもあるポール・クローデルのことばで締めくくられる。「日本人は貧しい。しかし高貴だ。世界でただ一つ、どうしても生き残って欲しい民族をあげるとしたら、それは日本人だ。」

病気にならない生き方
全米ナンバーワンの日本人胃腸内視鏡外科医が教える「太く、長く、生きる方法」ガンにならないための生活は健康でアンチエイジングな内容だ。ミラクル・エンザイムを消耗しない生活を送り、食事を通じてミラクル・エンザイムをとり入れることの重要性と意味をわかりやすく解説してあるアンチエイジング必読の書。


第2弾が出ました。コチラは実践編でよりわかりやすいです。


台所でできるデトックス以前のデトックスだと思います。


廃棄寸前のクズ肉も30種類の「白い粉」でミートボールに甦る。コーヒーフレッシュの中身は水と油と「添加物」だけ。「殺菌剤」のプールで何度も消毒されるパックサラダ。虫をつぶして染めるハムや健康飲料・・・・・・事実を知ってみませんか。
コメント
QRコード
QRコード
訪問者数

livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)