2006年10月13日

お母さん

今日のランキングは?   ←応援うれしいです♪

わたしが健康オタクになったのにはワケがある。わけというか、きっかけだ。

もう、10年以上前になる。

それまでのわたしは、こどもの頃からお母さんが農薬や添加物に気をつけていたので、それが心の片隅にちょこっとあるくらいで、信じられないような不健康な生活を送っていた。

もともと扁桃腺が弱くて虚弱体質だったくせに、システムエンジニアなんて、過酷な仕事をしたりもしていた。バブル期なんて殺人的スケジュールで働いていたから朝のオフィスに死体のように徹夜あけの同僚が転がっていることもめずらしくなかったし、2日3日と徹夜が続くこともあった。

しかも、お金だけは普通のOLの何倍ももらっていたから、飽食三昧で、1ヶ月間毎日一流ホテルでお食事をし続けたこともある。忙しいから仕事場の近くで済ませるしかなかったというのが実情だけど。

だけど、そんな生活は長くは続かなかった。季節もわからないくらい働いていたとき、通りかかったサクラ並木の満開のサクラがあんまりキレイで泣けてきた。どうしようもなく泣けてきた。何で泣いてるのか自分でもわからなかった。

それから、システムエンジニアは係わっていたプロジェクトの完了をもって辞めた。

その後はお休みも取れる仕事についていたけど、不健康なクセがついてしまっていたので、不健康な生活のままだった。相変わらず、食事も外食が多かったし、栄養なんてこと、考えてもいなかった。てゆか、カロリーをしっかり取れる食事がいい食事だという、お馬鹿な認識だった。



11年前、お母さんが病気になった。



手術後の医師の説明では想定外に状況が悪く、治療よりも、QOLに重点をおいて話をされた。地面がぐらぐらするような、気が遠くなるような、なんともいえない、苦しさに襲われたのを今でも覚えている。

お父さんに肩をポンと叩かれて、我に返った。

信じられなかった。まだ若いのに。テニスの試合で日本中飛び回っていたし虚弱なわたしより長生きすると思っていたのに。



どうしていいか、わからなかった。受け入れられなかった。



だから、わたしは必死で調べたし、勉強した。当時はパソコン通信でいろんな大学のデータベースを調べたり、新聞社にアクセスして、学会の報告や医療記事を集めまくった。

だけど、調べれば調べるほど、怒りが沸いてきた。

当時、アメリカで話題の抗がんサプリメントがあった。D−フラクションだ。コレは日本で発見されたのだけど、日本では認可が下りていないという理由で手に入らない。何をやってるんだ!厚生省!!

ガン学会で、すぐにも導入できそうな、ある漢方薬やプロポリスを使えば、抗がん剤の副作用が激減し、治療成績も上がる、というような発表が何度もされているのに、病院では導入されていない。何やってるんだ!!現場の医師!!



そして、わたしは、



医者が病気になったら、どうするんだろう?っていうことを調べた。

わたしはド素人だ。どうしていいかわからない。だから、プロフェッショナルの医師が病気になったとき、どう対処するのかをコンプリートしようと思ったのだ。



愕然とした。



お母さんが受けている治療とはあまりにもかけ離れていたからだ。

ある医師は「自分がガンになって抗がん剤治療を受けて、あまりの過酷さに抗がん剤で死ぬと確信した。抗がん剤治療はやめた。同僚は反対したが、聞かなかった。」

といっていた。それまでは患者に抗がん剤を投与していたが、それも改めたと。

ほとんどの医師が手術はするけど、抗がん剤は控えていた。抗がん剤については、医療費を上げるために行われているという説もあった。病院だって儲けなければならないからだ。



そして、ガンになった医師はかなりの割合で、免疫療法に取り組んでいた。



ほとんど、副作用もなく、体力も奪わない。コレしかないと思った。



当時、1回50万円の免疫療法。日本中のお金持ちが集まってくる病院があった。



藁にもすがる思いだった。



そして、お父さんは知り合いの国立大学の教授に免疫療法のことを相談した。

答えは、「あれはまがいものの治療だ。」というようなもので、今のまま、抗がん剤で治療することを勧められた。

お父さんはド素人のわたしのいうことより、権威のある国立大学の教授の意見を取った。

だけど、その教授だって、自分や自分の家族が同じ病気になったら、真っ先に免疫療法に走るんだ。間違いない。

そういう立場の人は立場上の話しかしない。戦後と変わらないじゃないか!!アメリカの小麦業界を儲けさせる為に、米はカラダに悪いパンを食べましょう、と吹聴したもの某大学教授。ヨーグルトはカラダにいいから食べましょうとマスコミで吹聴しているくせに、自分や奥さんやこどもには絶対に乳製品を食べさせない、某大学教授。

わたしのお父さんに免疫療法はまがい物だといった大学教授。

でも、抗えなかった。わたしはド素人だ。医学部だって出てない。それどころか、不健康でバカな娘だ。国立大学の教授様には勝てなかった。





それからしばらくして、わたしは世界最強のわたしの人生のミカタを失った。





曇りのないマナコで真実を見ていきたい。





だから、わたしは、健康オタクになったわけだ。





※これは事実ですが10年以上前のことです。今はきっと違うはずです。(^^)





いつも応援クリックありがとうございます。うれしいです。




トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 卯月   2006年10月13日 16:35
卯月も父を肺がんで、亡くしました。
今日の記事は、胸が 詰まる想いで読ませていただきました。

だから、絶対に大事なマイダリンは ガンなんかにやらないぞ。と常に思っています。

卯月も食生活で、必ず家族は守れると信じています。
2. Posted by アンチエイジングですけど、何か?   2006年10月13日 21:40
★レス 卯月さま

そうですか、卯月さんもお父様を。。。

大切な家族を守る為には、無知ではいけないんですよね。一家に一人わたしみたいな、健康オタクがいると、少しは役に立つかもしれません。

食生活、大切にしたいですね。
3. Posted by kira   2006年10月14日 04:08
美容の事で色々調べていたらこちらへたどり着きました。
今年に母を癌で亡くしました。
たった一人の家族でした。
医師は、抗がん剤は使いませんでした。
母がつらくないようにとの事でしたが
私が少々納得もいかなかったのも事実でした。
が、今日こちらでこの記事を読ませて頂いてよかったです。
私一人では抗がん剤を投与している患者をみるなんて
出来やしないだろうと思われていたんだろうな、と思っていましたが
ああ、そうか、と思いました。
すとんと楽になりました。
ありがとうございました。
4. Posted by アンチエイジングですけど、何か?   2006年10月14日 12:10
★レス kiraさん

そうですか、今年お母様を。。。

抗がん剤、難しい問題です。

わたしのブログが少しでもお役に立ったのなら、よかったです。こちらこそありがとうございました。
5. Posted by 今生   2006年10月14日 19:21

ぷちさん ありがとうございました。この記事を読んで
癌再発を防ぐ方法は免疫療法しかない私の考えに
100%妻が納得してくれました。
お陰さまでこれからも妻のもつ免疫力を強化する
生活習慣で成果を挙げていこうの決心が高まりました

なぜこれまでぷちさんが健康オタクになったんだろうと
気になっていたんですが・・・そうだったんですか 
これからも命を守る尊命情報をお願いしますね
6. Posted by アンチエイジングですけど、何か?   2006年10月15日 00:35
★レス 今生さん

最近は免疫療法も認知度が上がっているようで、保険が適用されることもあると聞きました。

きっと、10年前とは、いろんなことが違うと思います。

奥様、再発なんかしません。今生さんのブログの読者はみんなエールを送っています。

健康オタク、家族からは煙たがられます。(笑)でも、わたしみたいなのが、家族に一人、友達に一人いると、少しはお役に立つんじゃないかと思って、これからも、健康オタクでいきます。(^^)
7. Posted by 寿   2006年10月15日 15:56
ぷちさまへ

こんにちは。
私の祖父母たちが、相次いで
大腸がん・肺がん、悪性のリンパ腫
で死んでしまい・・
「ガン」ってなんだ?と本当に考えさせられて「医学」関係の学科に進学し、「ガン」の全体像を知った時の
思いがこみ上げてきました。

「ガン」は本人はもちろん・・
「家族」「親族」の戦いで・・・

より解明されて、
多方面から治療が行えるといいと
心から思います。



8. Posted by アンチエイジングですけど、何か?   2006年10月15日 22:17
★レス 寿さま

寿さん、ガンのこと勉強なさったんですね。

ほんとうに、そうですね。多方面からの治療が、本人の希望通り行われるようになって欲しいです。

9. Posted by しぇる   2006年10月15日 22:40
そんなことがあったんだね・・・。

ワタシが幼稚園の時、一番最初に
「結婚したい」と思っていた程大好きだった
実祖父が、一昨年胃癌で他界しました。
やっぱり抗癌剤使ってましたよ。

実際に癌になった人が望む治療を受けられる時代になるといいのにね。
世の中の人間、希望する治療を平等に受けられないのはおかしいですよ。

鼻水をすすりながら何度も読んだ 鎌田實著の『がんばらない』を読んだ時のイメージが ぶわっと込み上げてきました。

健康オタク、万歳!
家族にとって最高の愛情表現だと思います。
そうでしょう!
10. Posted by アンチエイジングですけど、何か?   2006年10月16日 08:38
★レス しぇるちゃん

そうですか、おじいさまが。。。

本当に、本人が望む治療を受けられる時代が来るといいですね。そうなんですよね、日本人がみな、同じように治療が受けられるわけじゃない。

健康オタクのことをそんな風にいってくれるのは、しゃるちゃんが初めて!!ありがとう。

カテゴリー別
メールを送る
メールを送る
当ブログは商用サイトではありません。病院・企業・商品の宣伝はお金を頂いても書きません。商品リンクを貼っていますが実際に自分が購入しているものをご紹介しているだけです。
信頼できるアンケートサイト
【imiネット】
政党支持率や市場調査に参加の他、サプリをお試しなど。新製品やトレンドの動向を感じることが出来ますし、ポイントで現金の振る込みもあります。niftyをはじめ、一流企業が出資の安心サイトです。
ずっと使っているもの
楽天プラチナ会員のわたしの買物履歴
楽天で探す
楽天市場

楽天


【オメガ3系のオイル】

ずっと、シソ油を食してきましたが、オーガニックであることと、ビンが遮光であることを考えて、コチラに変えました。酸化しやすいので、開詮後1ヶ月以内に使い切ります。シソ油は透明ですがコチラはほんのり黄色です。加熱できないので食卓でサラダやスープにかけて食します。化学溶剤を使わずに40℃以下の低温圧搾法一番搾り。無添加無精製。

【アロマ】

ランプベルジェアロマオイル
わたしはこどもの頃から扁桃腺炎に悩まされてきました。このアロマを使い始めてから、ぱったりなくなったのです。わたしにとっては奇跡でした。100年以上の歴史があるフランスのランプベルジェ。日本での販売方法がネットワークビジネスになったため、誤解が生じることが多いですが、歴史のあるものは信用できます。わたしは、日本に代理店が出来る前からのヘビーユーザーです。※専用のランプとオイルをセットで使うことをお勧めします。ネット上にニセモノが多く出回っているのが気になります。わたしの使い方はコチラ

【ヒマラヤ岩塩】
【061109宣言5】通販マニアも認めたお肌スベスベ自宅で天然温泉【ヒマラヤ岩塩お風呂用】
3億8千年前の天然岩塩で、驚異の還元力があります。鉄も錆びないのです。人間が入浴に使うとカラダを還元してサビを落とします。強力な抗酸化力です。まるで泉質のいい温泉に入っているような効果もあり湯冷めしません。イオウの臭いが気になる方もいらっしゃいますが、慣れると心地いいです。※ネット上で価格が高騰していますが、1kg1,500円くらいが妥当な価格だと思います。気をつけて下さい。
本物の天然シャンプー
【シャンプーについて】頭皮のバリア機能を破壊して、ケミカルでキケンな成分を皮膚から吸収させてしまう合成界面活性剤シャンプーをやめました。石鹸シャンプーに挑戦し、やっと、定着しました。何度も挫折して、何年もかかりました。わたしの使い方はコチラ

【1度目洗い】
軽く、整髪剤などを落とします。ここで、1度、洗っておかないと、オーブリーのシャンプーで泡が立ちません。ここでの洗いあがりはキシキシしてます。
太陽油脂 パックスナチュロン ボディソープ 880ml (1303-0105)
【パックスナチュロンボディーソープ】●合成添加物を使用せず、ひまわり油を原料にした純植物性石鹸です。●ビワの葉エキス・天然ビタミンE・ハーブエキスを含んだ、全身洗浄料ですので、肌の弱い方でも安心です。●泡状ポンプ式は泡状になってでてくるので大変便利です。タフです。あわあわで洗えます。髪もボディーも洗えます。

【2度目洗い】
わたしは、ここで、手のひらで、オーブリーのシャンプーとはちみつを混ぜて使っています。わたしが使った石鹸シャンプーの中では、一番潤います。
【061109宣言5】AUBREY<オーブリー>ローザモスクエータハーブシャンプー
【オーブリーのローザモスクエータハーブシャンプー】ココナッツオイルを使用した石けんシャンプーが乾燥してパサつく髪をやさしく洗います。ローズヒップオイルの配合により、髪と頭皮にうるおいを与えて、パサつきをおさえます。

【トリートメント】
商品説明には、スペシャルケアと書いてありましたが、わたしは、これを毎日使っています。かなり潤います。
【061109宣言5】<AUBREY>オーブリー ホホバ&アロエヘアコンディショナー
【オーブリー ホホバ&アロエヘアコンディショナー】シンプルで贅沢な処方のスペシャルトリートメント「ホホバ&アロエヘアコンディショナ−」アロエとホホバをたっぷり使って作られた贅沢処方「ホホバ&アロエヘアコンディショナー」。

定番コスメ
【クレンジング】
オーブリーのクレンジングに手のひらの上ではちみつを混ぜて使っています。マイルドになるし、抗菌作用や多数の栄養分が期待できるからです。
【061109宣言5】AUBREY<オーブリー>シーウエア フェイシャルクレンジングクリーム(洗顔料)
【オーブリー、シーウエア フェイシャルクレンジングクリーム(洗顔料)】保湿効果が高い乳液状の洗顔料。デリケートなお肌のうるおいは残したまま、軽いメイクや汚れをしっかり落とし、やさしく効果的に洗い上げます。栄養分をたっぷり含んだ渇藻エキスと大豆プロテインでお肌をリフレッシュして整え、ローズヒップオイルで保湿します。

【化粧水】
化粧水はたっぷり使います。このパックスナチュロンの化粧水は、余計なものが一切入っていないのし、お安いので、化粧水マスクに思う存分使えます。
太陽油脂 パックスナチュロン フェイシャルローション 100ml (0212-0404)
【パックスナチュロンフェイシャルローション】●洗顔後の肌を弱酸性に保ち、ひきしめる化粧水です。●天然植物エキス・天然水により、うるおいを保ち、みずみずしい肌にします。

【乳液】
この乳液はもったりしていて、クリームみたいに重いです。肌に乗せると1分くらいは白くなりますが、その後、スーッと肌になじみます。もちろん天然成分100%。

アロエと、トウセンカがお肌を落ち着かせる軽い使い心地の乳液。スギナエキス、フキタンポポエキスが毛穴をふさぐことなく、お肌のバランスを整えます。

【日焼け止め】
太陽油脂 パックスナチュロン UVクリーム 45g (0212-0403)
【パックスナチュロンUVクリーム 】石けんで乳化したシンプルな日焼け止めクリームです。 使うには、ちょっと工夫が必要です。化粧水or乳液と日焼け止めを手のひらで暖めながら混ぜ合わせて、顔に乗せます。リキッドファンデーションの場合もこのやり方で、手のひらで混ぜ合わせてから使うと、かなりいい感じに。

パックスナチュロンとは?国内メーカーでこちらも完全に無添加。無添加を売りにしているメーカーは多いですが、本当の無添加はココですね。香料は天然のアロマで、香りのセンスもいいです。

パックスナチュロンはココがお安いです。



【美容液】
スペシャルケアです。
【061109宣言5】AUBREY<オーブリー>ベガセル ナイトハイドレーター(保湿ナイトジェル)
【AUBREY<オーブリー>ベガセル ナイトハイドレーター(保湿ナイトジェル)】多種類のハーブを保湿ジェルに凝縮。お肌本来の柔らかさとハリを取り戻し、目元の乾燥にも最適の保湿ジェルです。フリーラジカルの生成を抑えながら、お肌の失われた水分を補給します。

オーブリーとは?アメリカのオーガニックメーカー。使用感は高級海外のブランド化粧品に似ています。価格は信じられないほどお安いです。パッケージにお金をかけていないところが好き。環境にもやさしいです。

【シルクパウダー】
BSコスメ。クレンジングに混ぜたり、日焼け止めの上にルースパウダーとして使ったりしています。シルク100%なのにココで買えばお安いです。

※これらのコスメは合成の界面活性剤が含まれていません。疑問に思うようなケミカルな成分も一切入っていません。

良かった本

DVDがついているので、とってもわかりやすいです。こういうテクニックを要するものはDVD付がぜったいお勧めです!おお!こんな風にやるのか、と。田中さん、確か65歳。日々の努力ですね!


最近、牛乳業界が牛乳の宣伝に躍起になっています。新谷先生に質問状を送りつけたり、デタラメなTVCMを流したり。この本を読めば真実がわかります。文献も多いので、検証も出来ます。真実を知るための一冊です。こどもは学校や幼稚園で強制的に牛乳を飲まされています。日本の学校給食に牛乳を強要したアメリカでは、給食に牛乳は出ません。


アメリカ元副大統領アル・ゴアが訴える不都合な真実。5歳の息子の手を離した瞬間悲劇は訪れた。その人生観を持って、後悔はしたくないというアル・ゴアが地球の危機を訴えます。

国家の品格
【国家の品格】日本は世界で唯一の「情緒と形の文明」である。国際化という名のアメリカ化に踊らされてきた日本人は。。。なんてお堅い本だと思うかもしれないけど、冒頭に作者が奥さんから、あなたの話は半分は間違いと勘違い、残りの半分は誇張と大風呂敷と言われている、というところから始まるので、肩のチカラを抜いて読むことが出来る。内容は、鳥肌が立つほどのもので、大好きな美輪明宏さんがことあるごとに、戦前の日本の情緒、文化ついてお話になることと、かぶる部分があり、本当に共感できた。最後は大正末期、駐日フランス大使を務めた詩人でもあるポール・クローデルのことばで締めくくられる。「日本人は貧しい。しかし高貴だ。世界でただ一つ、どうしても生き残って欲しい民族をあげるとしたら、それは日本人だ。」

病気にならない生き方
全米ナンバーワンの日本人胃腸内視鏡外科医が教える「太く、長く、生きる方法」ガンにならないための生活は健康でアンチエイジングな内容だ。ミラクル・エンザイムを消耗しない生活を送り、食事を通じてミラクル・エンザイムをとり入れることの重要性と意味をわかりやすく解説してあるアンチエイジング必読の書。


第2弾が出ました。コチラは実践編でよりわかりやすいです。


台所でできるデトックス以前のデトックスだと思います。


廃棄寸前のクズ肉も30種類の「白い粉」でミートボールに甦る。コーヒーフレッシュの中身は水と油と「添加物」だけ。「殺菌剤」のプールで何度も消毒されるパックサラダ。虫をつぶして染めるハムや健康飲料・・・・・・事実を知ってみませんか。
コメント
QRコード
QRコード
訪問者数

livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)